進学塾イズム ism

専任講師の紹介

 

勉強を通して、生徒に今後の人生にプラスになることを伝えていければいいと思います。 生徒と一緒に喜びを共有し、常に前向きに(ポジティブに) 物事に対応していけるような人間形成の場にイズムをしていきたいと思っています。

 

担当教科:小中部文系

授業の特色:勉強だけではなく人としての常識も身に付けられるよう一緒に学ぶ。

 

 

 

小学生は特に勉強と遊びとのメリハリをつけること、 そして社会的モラルを徹底して指導しています。 中学生は特に多感な時期なので、 勉強のみならずさまざまな精神状態に対応できるよう、 他のスタッフと共に子供たち自身の夢や目標に向けてサポートしていきたいと思います。

 

担当教科:小中部文系

授業の特色:詰め込み授業にならないよう、全員参加型の授業を行います。 机間巡視と一日に一度は誰もをあてることで生徒一人ひとりの理解度や、 集中状態を見ています。

 

 

 

「挑み続ける気持ちが、かわるチャンスを与えてくれる」と思います。 自分をかえたいと思っているこどもたちの手助けをしたい。 チャンスは誰の前にもあるのだから・・・。

 

担当教科:小中部理系

授業の特色:目先の成績だけにとらわれず、 目標(受験)にむけて必要な全体学力向上を意識した授業を行っています。

 

 

 

努力することで得られる達成感はさらなる成長を促します。 そんな努力をする「やる気」を育てる手助けをしていきます。 「知識」は子どもたちにとってかけがえのない財産だから。

 

担当教科:小中部文系

授業の特色:わかりやすく、楽しく、一生懸命をモットーとした授業を行っています。

 

 

 

忘れないで欲しいのは、目標を持つこと。 そしてその目標に向かい努力をすることです。 努力をするには自信や環境が必要です。 そこで私は、こどもたちの「努力できる力」を磨く存在でありたい! 「意味の無い出会いは無い!」と、ここで一緒に感じましょう。

 

担当教科:小中部文系

授業の特色:全員がしっかりと前を向くこと。 「心も体も前向きに!!」そんな授業を心掛けています。

 

 

 

最近の子どもたちに多く見られる「指示待ち」状態の学習姿勢を打破していきます。 自分から考えて自分から道すじを探っていく…そんな「生きる力」を身につけていってもらえるように、自分の将来のビジョンを描ける元気な子たちになってもらえるよう応援していきます。

 

担当教科:小中部文系

授業の特色:ISMの授業後には1つでも「わかった!」「頑張った!」という手ごたえを感じて帰ってもらおうと思います。 やらせっぱなしの受け身型授業は一切行いません。全員参加型の授業を行います。

 

 

 

常に「妥協しない」ことをモットーとします。子どもたちが理解できるまで私自身が妥協しないだけでなく、子どもたちにもそれを求めます。「まあいいか」「こんなもん」で片付けさせません。子どもたちが自分自身の夢や人生に妥協してほしくありませんから、授業を通してあきらめない姿勢を見せていきます。

 

担当教科:小中部理系

授業の特色:学びの原動力となる興味・関心を引き出す授業をします。

 

 

 

一生懸命に勉強する子どもは、真夏の甲子園球児のように輝いていると常々感じます。勉強でも見えない汗は流れており、様々な想いから涙が流れます。その涙が「嬉し涙」になるよう、サポートしていきたいと思います。

 

担当教科:小中部理系

授業の特色:『基礎力』と『考える過程』がとても大切だと思っています。 基礎力を身につけた上で、どう考えて解くか。 一人一人の考える過程を大事にして、指導しています。

重大な間違いは厳しく叱責し、重大でない間違いは笑い飛ばします。

 

 

 

生きていると多くのことに悩み、悲しみ、喜びがあります。そのたびに周りからいろいろなことを吸収し、人間として成長していくのだと思います。子どもたちとそれらを共有し、共に成長していきたいと思います。

 

担当:個別指導会

授業の特色:子どもたちに寄り添い、何かひとつでも疑問が晴れる、新しい知識を得ることのできる授業を心がけます。

 

 

 

所詮入試は一種の競技かもしれません。 だからこそじっとしているのではなく、まずは何かをはじめてみることです。 絶対に「できない」と、決め付けないで下さい。「できることからやる」ことが大切です。 「必ずできます」。そのために僕がいるのですから。

 

担当教科:高校部数学

授業の特色:どんな難関大学の入試問題も基本の積み重ねで必ず解けます。 基本を大切にし、本質を理解した上で、解法の暗記ではない「考える数学」を実践します。

 

 

 

個々の可能性を引き伸ばし、学力の成長を促していきます。生徒と意思疎通を図り、細やかな指導をしてまいります。河合塾マナビス独自のシステムを提供し、個々に応じた学習法で、志望校合格へと導いていきます。個々人の歩幅で、着実に一歩一歩。その先にある最高の感動を得るために。

 

担当:河合塾マナビス

 

 

 

最初に生徒に必ず聞きます。「数学は楽しいですか?」イエスと答える子はほとんどいません。それは今まで数式を暗記と反復練習の繰り返しとしか捉えていなかったからです。授業を通じて数学の楽しさと奥深さを理解してもらい、数学に積極的に取り組む姿勢を育みます。

 

担当教科:高校部数学

授業の特色:公式を暗記するだけにならない「なぜこうなるか」と、応用問題に対応できる「どう考えるか」を重視し、理解の深まる授業を授業を行います。

 

 

 

数学という教科は、論理的思考を養うことができるとても重要な教科だと思います。『自ら考え、難問を解くための方法を導きだす』これは、文・理系に関わらず、今後の人生において必ず役に立つと私は信じています。苦手な人もどうかあきらめずに、私と一緒に少しずつ前に進みましょう。

 

担当教科:高校部数学

授業の特色:『基礎力』と『考える過程』がとても大切だと思っています。基礎力を身につけた上で、どう考えて解くか。一人一人の考える過程を大事にして、指導しています。

 

 

 

aaaaaaaa. (8字)。I love you. (8字)。同じ8字ですが、これらがもつ意味は全く異なります。文字の「単なる羅列」から、意味を持つ「文」に変わるために必要なもの。それが「単語」と「文法」です。そして、様々な意味を持つ文が合わさったもの。それが「文章」です。「文章」は誰かに読んでもらうことを意図したものであり、その人の知恵・経験が詰まった宝庫です。受験勉強としての英語は大変さもありますが、その中で知識欲を満たし、興味を刺激され、それを楽しむことも往々にしてできます。是非、単に問題を解くだけでなく、教養を身につけるという点でも英語を捉えてみてください。共に「単なる羅列」が「鮮やかなコミュニケーションの一端」へと変わる瞬間を体験していきましょう。

 

担当教科:高校部英語

授業の特色:授業の準備はいつも生徒の顔を思い浮かべながら行います。生徒たちには、やらなければならないことを「やる気がでた」ときだけでなく、習慣的にできるようになってほしい。そして、たくさん頭を使うことを学んでほしいと思っています。彼ら・彼女らが授業を通じてそれらを確実に習得するために、妥協することは一切ありません。

 

 

小中学生:

TEL 0596-21-2828(平日・土 13:00〜22:00)

ISM1号館 〒516-0074 三重県伊勢市本町7-3 ISMビル

高校生:

河合塾マナビス:

TEL 0596-20-5333

TEL 0596-63-6622

(平日 16:00〜22:00 土 13:00〜22:00)

ISM2号館 〒516-0074 三重県伊勢市本町7-5

小俣校:

TEL 0596-72-8787

(平日 16:00〜22:00 土 13:00〜22:00)

〒519-0503 伊勢市小俣町元町695