進学塾イズム ism

塾生の声

O.Iさん(小学3年生)

イズムで一番がんばっているのは国語です。なぜなら、国語の文章問題がにがてだからです。でも、イズムで勉強するようになってからは、少しずつとくいになってきました。学校のテストでも100点がぜんぜんとれなかったのに、100点をとれるようになってきました。これからも100点をめざしてがんばっていきたいと思います。

Y.Kさん(小学4年生)

わたしがイズムにはいってよかったと思うのは、イズムの友だちやイズムの先生といろんな話をする時間です。授業の始まる時間よりもはやく集まっていろいろ小学校のことなどを話すのはとても楽しいです。もう1つよかったと思うのは、とけない問題があってもすぐに先生に聞けることです。授業のあと、自習室で勉強をしていてわからない問題があれば、1階にいる先生のところへ質問に行きます。なのですっきりします。わたしはじゅうじつできるイズムの授業がとても楽しみです。

A.Kくん(小学5年生)

5年生になって教科も増えて勉強が難しくなってきました。特に水曜日にある英語は、はじめはまったく興味もなくて、緊張でいっぱいでした。でも、先生がおもしろく分かりやすく教えてくれるので、今ではイズムも学校も英語の授業がとても楽しみになりました。これからはたくさんの単語を覚えたいと思っています。国語や算数の勉強も苦手な単元が出てきたりしてたいへんですが、イズムでは分かるまで教えてくれるので安心です。6年生になってもこの調子でがんばっていきたいと思います。

N.Sさん(小学5年生)

私は4年生の半ばからイズムに通っています。私の塾のイメージは、ひたすら勉強して、たくさんの宿題が出て、友達と遊ぶ時間がけずられるというものでした。そんな私のイメージとイズムはぜんぜん違いました。他の小学校の子たちと友達になりいろんな話が聞けたり、先生からは学校では教えてもらえないことを学んだりとても面白いです。今、私は漢字テストを頑張っています。昨年は不合格ばかりだった学校の漢字テストが今では100点ばかりで、とても嬉しいです。

N.Hくん(小学6年生)

僕がイズムに入塾して良かったと思うことは、応用力が身についたということです。学校より難しい問題を解き、わからなかったら授業中に質問をして僕は力がついてきたと思います。小学6年生になってからはイズムに入ってくる人も増え、仲間が増えて楽しみながら勉強をしています。学力テストでは競い合える仲間がいることも励みになります。これからも日々努力して、がんばっていきたいと思います。

K.Tくん(小学6年生)

僕は小学3年生になってイズムに入りました。最初はわからないことばかりでとても不安だったけれど、個性豊かな先生たちの授業はとても面白く、勉強が楽しいと思えるようになりました。イズムでは2か月に1回の割合で学力テストが実施されます。このテストでクラスがかわったり、座席がかわったりするので、テストの日が近づくとより勉強にやる気が出ます。こうやってイズムで勉強して力がついてきたなと思います。これからもイズムで頑張っていきます!!

T.Mさん(中学1年生)

私は、中学1年生からISMに入りました。最初はやっていけるのか、友達ができるのかとても不安でした。でも、先生の授業はとても楽しく、友達もたくさんできました。また、授業日以外の日も自習室を自由に使えて勉強に集中でき、分からないことがあれば、すぐに先生に聞きに行けます。先生もとてもていねいに分かりやすく教えてくれるので、分からないことが即解決できます。これからも、学校のテストもISMの学力テストも良い成績がとれるように頑張ります!!

T.Hさん(中学1年生)

私は3月の新中1講座からISMに入りました。仲の良い友達がいるわけでもなく、いつもうるさい私がずっと静かでした。でも、先生もISM生もみんな優しく、たくさんの友達ができました。ISMに入るまでは、「塾なんて嫌だなぁ」と思っていたけれど、ISMに行くのがとても楽しみです。今は、学校の成績も上がり、友達もたくさんできてISMに入って本当に良かったと思います。わかりやすい授業をしてくれる先生と、いっしょに勉強する仲間がいるISMがとても大好きです!

M.Tくん(中学2年生)

僕は中学1年生からISMに通っています。最初はついていけるかどうか不安でいっぱいでした。でも、ISMの先生の授業はわかりやすく、ISMの仲間たちも馴染みやすく、今ではISMに行くことが楽しみです。また、ISMには自習室があるので、家では勉強に集中できない時に利用しています。それと学校の定期テスト前にもらえるテスト対策プリントは、とても役立ちます。これからもISMをうまく活用して頑張っていこうと思います。

N.Kさん(中学2年生)

ISMの先生たちは教え方が上手で、質問をしに行ってもわかるまで教えてくれます。そのおかげで、私の学校の成績はとても上がりました。今では、高校に対する思いも中学1年生のときと比べるとかわり、目標も高くなりました。ISMの先生たちは、いつも1番に私たちのことを考えてくれて、時には厳しく接してくれます。でも、どの先生もやさしく、授業は面白くて楽しいです。ISMに入ってからは他校の友だちもたくさんできて、そういった交流ISMの楽しさのひとつだと思います。

K.Hくん(中学3年生)

僕は小6のときにISMに入り、先生たちから家庭での勉強の仕方やテスト前の勉強方法など、様々なアドバイスを受けました。ISMの先生方は、優しくて面白く、親身に相談にものってくれます。また、わからない問題があってもすぐに先生に聞けるので安心です。これからは受験に向けて、自習室を積極的に活用し、効率よく勉強をしていこうと思っています。

 

Y.Mさん(中学3年生)

私には高校生の兄と小学生の妹がいます。なので、家は騒がしく、勉強に集中する場所を確保することが大変でした。ISMの自習室はテスト前はもちろんのこと、宿題や提出物に追われたときに利用するようになりました。自習室は、すぐに先生に質問できるし、ブースのとなりからISM生のペンを走らせる音が聞こえると、「自分も頑張ろう!!」という気持ちになれます。先生もひとりひとりに合った方法でアドバイスもくれるので納得もできるし、とても親しみやすいです。

 

2018年度 高校合格体験記

 

 

伊勢高校 国際科学コ−ス M・Nさん

私が入試までで一番辛かったことは、苦手な教科への取り組みでした。当たり前のことですが、苦手な教科は、自分が思っている以上に良い結果がでません。そのことが自分には苦痛で、何度もゲームや漫画に逃げてしまいました。そんな自分に甘い私にISMの先生は、苦手な教科のマンツーマン講座を薦めてくれました。また、授業時間外にもわからないところを教えてもらいました。そのおかげで、2年生の終わりごろまでは、定期テストの度に過去最低点をとっていた英語が、3年生の定期テストでは、少しずつではあるものの、順位や点数が上がっていきました。英語の苦手克服は、少し諦めていたところもあったので、克服できたことは、とても大きな自信に繋がりました。このように、自分に合ったやり方を見つけることが大切だと、私は受験を通して感じました。みなさんも、苦手なことを苦手だからと諦めず、自分に合ったやり方で克服することを考えてみてください。そうすれば、苦手だったものが、自分の強みに変わっていきますよ。頑張ってください。

伊勢高校 国際科学コ−ス S・Hさん

受験を終えて、一番苦しんだと思うのは、「うっかりミス」です。2年生の頃は「うっかりミス」も少なく絶好調でしたが、3年生になり入試が近づくにつれて「うっかりミス」が徐々に増えていき、ISMで最後の入試予想模試では、ミスだらけで最悪でした。その前から調子は悪く、学校の最後のテストでもとても良いとはいえない結果になってしまい、精神的にも大きなダメージを受けました。でも、一緒の高校を目指す友達と支えあったり、ISMの先生にたくさん相談をしたりして、モチベーションを上げることができました。本番当日は不安もありましたが、ISMの先生や友達のおかげで気持ちが楽になり、落ち着いて試験に臨むことができました。今思うと、本当に友達や先生の力が大きかったんだと思います。第一志望に合格できて本当に嬉しいし、今まで頑張ってきて良かったと思っています。頑張れたのは、友達、学校の先生、ISMの先生方、そしてなにより、いつもいつも大変な送迎をしてくれた祖父と祖母のおかげです。この感謝の気持ちを忘れずに高校の勉強も頑張っていこうと思います。受験をひかえている皆さん、自分を信じて、努力して、合格を勝ちとってください。

伊勢高校 国際科学コ−ス Y・Hさん

志望校に合格したときの達成感やうれしさは予想以上のもので、今でも鮮明に記憶がよみがえってきます。合格するために大切だと思うことがあります。一つは、ISMの宿題や講習で渡されるワークをすべて理解してやることです。理解できないこともたくさんありましたが、ISMの先生に聞くことで、すべての悩みは解消されました。もう一つは、勉強するときは集中してやることです。私は集中力が切れると5分くらい寝たり、音楽を聴いたりしました。その後はすぐに勉強しました。それを繰り返すうちに、自然と集中していて気がつけば長時間勉強していたときもありました。私はこのようにしていましたが、ISMの授業や宿題を自分のものにしていけば、必ず結果はついてくると思います。頑張ってください。

伊勢高校 国際科学コ−ス S・Sさん

私は中学3年生の4月から約1年間ISMでお世話になりました。私は中学2年生になって成績が不安定になりましたが、「まだまだ実力を伸ばしたい!」と思い、ISMに入塾しました。ISMに入塾してから成績が安定し、実力もどんどんついてきました。ISMでは私たちの学校生活に合わせて無理なくやりきれる量の課題を与えていただきました。その課題を怠らず、コツコツと続けたことが合格につながったと思います。受験勉強は想像以上に長い期間に感じ、毎日勉強することがとても苦痛に感じることもありました。しかし、「自分が勉強した時間」は受験のときに大きな自信へと変わっていきました。私はその自信や辛い受験勉強を耐えた力を無駄にせず、これからの高校生活や大学受験を乗り越えていこうと思います。みなさんも、充実した学校生活を送りながら、自分の目標をあきらめず、大きな自信を持って、努力を続けていってください。応援しています。

伊勢高校 普通コ−ス H・Aさん

私は冬期講習に参加したことがきっかけで、ISMに入塾しました。それまで塾に行ったことがなくて受験勉強のことや高校のことは何もわからず、不安でした。でも、ISMの先生方が丁寧に教えてくださり、気持ちが軽くなった状態で受験することができました。私はまず12月くらいから1年生、2年生の苦手なところを復習するところから受験勉強を始めました。全部を細かくやりすぎると時間がかかるので、自信のあるところより苦手なところを中心にやりました。それから、過去問を解きはじめました。過去問をやっておくと問題の傾向がわかるので、やっておいてよかったと思います。そして、本番の直前はいつもの調子で試験を受けようと意識して、当日周りの空気に負けないようにイメージをしました。緊張しすぎてパニックになると自分の力は発揮できないと思うので、ここが一番重要だと私は思います。不安な気持ちは大きくなると思いますが、自信をもって挑んでください。

伊勢高校 普通コ−ス N・Nさん

私は小学6年生の時からISMに通っていました。受験生としての自覚を持つのがおそく、中学3年生の秋に受験への不安がとっても大きかったです。そんな時に支えてくださったのはISMの先生方です。わからないことを質問すると一緒に考えて、私の納得がいくまで教えてくれました。すごく心の支えになりました。ISMには同じ高校を目指す友達がたくさんいるので、互いに競い合ったり、励まし合ったりすることで、受験勉強をするやる気が出てきました。志望校に合格することができたのは、ISMがあったからだと思います。そのことを忘れず、高校生活を充実させていきたいと思います。

伊勢高校 普通コ−ス N・Mさん

私は毎日勉強することが辛かったです。ですが、同じ志望校の友達もがんばっていると思い、自分を励ましました。そういう毎日の積み重ねが結果につながったと思います。逃げ出したくなったり、受験したくないと思ったりしましたが、あきらめずにしっかり取り組むことができてよかったです。ISMの先生たちのアドバイスがとても良い助けになりました。3年間ISMで勉強することで成績も上がりました。ISMでは勉強だけではなく、友達と互いに競い合うことができました。これからは、大学に向けて、高校で今まで以上にしっかりと取り組みたいです。また、勉強で後悔しないために一つ一つのことに全力で取り組みたいです。

伊勢高校 普通コ−ス I・Yさん

私は倉田山中学校に通っていました。また部活動がほぼ毎週土日にもあったり、学校の行事があったりと11月末ぐらいまで、集中して勉強をする時間がとれない時期がありました。その間でも学力を落とさずにいられたのは、塾で出される宿題をしていたからです。学校の授業の予習にも使えるし、定期テストの前には過去のテスト問題を配られるので対策することができ、とても助かりました。だからどれだけ忙しかったり疲れたりしても、なるべく塾からもらうプリントはしていった方がいいです。また、学校の3年生のクラスによって、受験の難易度は変化します。私のクラスの人は賢い人が多く、クラスの半分ぐらいは後期試験を受けていたので、あまり緊張はしなかったけど、クラスの大半が私立や前期試験で高校を決めていたら、周りのみんなが浮かれているなかで勉強はしにくいです。だからと言って、そこのみんなと一緒に気を抜いてはいけないです。そこを我慢すると、後期試験がうまくいくのでがんばってください。1年後、行きたい希望の高校に通えるように勉強をしてください。あと、中学校生活を楽しんで。

伊勢高校 普通コ−ス S・Yさん

僕は中学校1年生の秋ごろにISMに入塾しました。入る前は学校内の順位は半分のあたりをいったりきたりしており、偏差値は50を下回っていたりと本当に伊勢高校に受かるのかと思うことがありました。そこで1年生を失敗した分、2年生で挽回しようと思い必死に自分の弱点にあたる部分を克服するために、塾の先生方に叩きこんでいただきました。そして3年生になると学校では10番台、偏差値では65などの高偏差値をとることができました。なので、1年生で失敗したからといってあきらめることは良くないと思います。また3年生になっても必ず成績が落ちたり私立や県立での過去問で良い点が取れなかったりすることがあります。そのような時に、点が思うように取れなかった、などと思わずに、本番に自分は良い点がきっと取れると思ってポジティブに日々精進していくことが僕は受験時にかかせないものだと感じました。他にもつらいことはたくさんありますが、それらをのりこえて合格をつかみにいって下さい。応援しています。

伊勢高校 普通コ−ス N・Kさん

私は受験生としてむかえたこの年はつらいことが多かったなと感じています。例えば、夏休みなどの休みの日は勉強しないといけないと思いながらも休んでしまったりしました。私は部活が終わるのが11月くらいで、その後の時間の使い方や勉強法でとても悩んだし、志望校もなかなか決められませんでした。でも、ISMの先生が採点を手伝ってくれたり、わからないところもわかるまで教えてくれたり、調子とかを聞いてくれたので頑張れました。ISMの先生はたまに厳しいことも言うけど、そのおかげでやる気も出たし頑張れました。受験の当日は、1限1限が緊張したし、不安なこともあったけど友達や家族やISMの先生や、学校の先生が応援してくれたので自信を持って挑むことができました。高校では、勉強や運動や遊びをして、全力で高校生活を楽しもうと思います!!

伊勢高校 普通コ−ス S・Mさん

私は中1からISMに入りました。最初は同じ中学校の人が少なかったので馴染めるかどうか不安だったけど、周りの人が話しかけてくれたので馴染むことができました。中2に学年が変わるとき、本科からTクラスに上がるのを先生に勧められましたが、Tクラスのスピードについていけるかどうか自信が無かったため、中2は本科にしました。また、中3に学年が上がるときにもTクラスに上がることを勧められました。今年は受験の年だから今できることを精いっぱい頑張ろうと思ってTクラスに上がりました。思っていた通り、授業のスピードが速く内容も濃いものになりました。でもその分、テストの点数や順位も良くなっていきました。また、中1や中2の頃は不定期に通っていた自習室を曜日を決めて通うようになりました。さらに、分からない問題があったら先生に聞いて、納得するまで解き直しました。入試本番のときは、同じ中学校の人たちが周りにいたので落ち着いていつも通り試験を受けることができました。

伊勢高校 普通コ−ス M・Nさん

私は中学2年生の春期講習をきっかけにISMに入り、2年間お世話になりあました。ISMに入ってからは、成績が上がって自分で勉強する時間も増えました。ISMに入ったことで、自主的に勉強するきっかけにもなりました。ISMの先生方はとても親切で、わからないところを教えてくれました。私の解けない問題もいっしょに解いて、分かりやすく解説してくれました。そんな先生方のおかげで、第1志望であった伊勢高校に合格することができました。ISMでは、学校ではあまりしない難しい問題などもして力をつけることもできたし、みんなが苦手なところを重点的に授業をしてくれたので、苦手なところも少なくなりました。友達といっしょに勉強することで、切磋琢磨し合ったこともいい経験になりました。受験の日はすごく緊張し、不安なこともたくさんあったけれど、今までISMで勉強してきた成果を発揮できたので良かったです。ISMに入って本当に良かったなと思います。これからも一生懸命がんばっていきたいです。

伊勢高校 普通コ−ス N・Kさん

僕は小学5年生のときにISMに入りました。違う学校の人とも友達になれて、とても楽しく勉強することができました。中学校に入学して、急に勉強が難しくなりました。でも、学校の授業内容を理解し、テストで高得点を取ることができました。それはISMのおかげです。ISMでは学校の授業の予習と復習の両方ができます。わからないところがあれば先生がていねいに教えてくれるし、自習室ではとても集中して勉強をすることができます。ISMは自分にとって勉強をするためのとてもいい環境でした。そして、中学2年生になり、高校受験を迎えました。受験勉強はもちろん大変でした。ですが、1年生や2年生の範囲を習ったときにしっかりと頭に入れることができていたので、そこまで受験勉強に追われることはありませんでした。そのため、受験当日も落ち着いてテストを受けることができました。自分は今までISMに通っていて本当によかったと思います。

伊勢高校 普通コ−ス K・Mさん

私は、3年生の夏からISMに入塾しました。授業形式の塾というものが初めてで、入塾して少しの間は不安でいっぱいでした。でも、志望校に合格するためには成績を上げなければならなかったので、友達に紹介してもらいました。ISMの先生は、一人ひとりに合った指導をしてくれるので、質問も相談もしやすい良い環境でした。私が効率良く勉強ができないことを悩んでいたとき、一緒に計画を立ててくれました。また私に話しかけてくれたり、応援し合える友達もできました。だから、塾に行くことが苦痛だとは感じず、自分でも頑張ろうと思えました。個別の先生は、苦手な分野を熱心に指導してくれて、自分の経験をふまえて話をしてくれたり、勉強の仕方を教えてくれました。そのおかげで、自分の苦手分野や得意分野が何なのか、把握することができました。志望校に合格できたのは、ISMのおかげだと私は思っています。

伊勢高校 普通コ−ス K・Yさん

私は中学3年生の秋からISMに入塾しました。10月中旬まで、部活動に参加して、勉強に力は入らず、学校のテストではその時大きく点数を落としていました。そんなときに入塾したISMでは、皆が「伊勢高校に絶対行く」という強い意志を持ち、勉強していました。そして先生たちもその思いにこたえるよう、要点を抑えたわかりやすい授業を行っていました。そんな姿を見て、私も「この仲間たちと同じ高校に行きたい」と思うようになりました。そうして、真剣に勉強を始めると「苦手」が見えてくるようになり、その「苦手」が「得意」になるまで勉強することで徐々に成績は上がりました。が、いくら頑張ってもなかなか上がらないものがありました。それは内申点です。これは簡単には変わりません。ですが、これもテストの一つ。合格か不合格かを決める重要な資料です。つまり、高校受験は3年生のスタート、もっと言えば1年生から始まっているのです。合格したいなら、人より早く始めることが重要です。受験勉強に「早い」はないのですから、皆さんも頑張ってください。

伊勢高校 普通コ−ス S・Nさん

私は、小学4年生からISMにお世話になっています。6年間、Tクラスにいて、宿題が多く大変なこともありました。それでもここまでがんばってこれたのは、先生と友達のおかげです。ISMの先生は、とても優しくて、わからない事も聞きやすかったです。人生初めての受験であった私立の受験の時、私はとても緊張していました。ですが、受験会場でISMの先生を見かけて、「がんばれ!」と言っていただき、緊張がほぐれ、自分の力を発揮することができました。その時、ISMに通っていて良かったなと改めて感じました。また、ISMの友達にも恵まれました。良きライバルとして、6年間一緒に頑張ってきました。わからない事は共に考え、休み時間は共に笑い、たくさんの時間をISMの友達と過ごしました。そんな友達がいたからこそ、私はISMを休みたい、辞めたいと思うことは一度もありませんでした。ISMの先生と友達がいたからこそ、高校に合格することができました。その人たちに感謝し、高校でもがんばっていこうと思います。

伊勢高校 普通コ−ス H・Nさん

私は小学生の時からISMに通っています。日曜日は姉と一緒に自習室で勉強していました。中学生になってからも、家では集中して勉強できないので積極的に自習室を利用していました。自習室で勉強していてわからない問題が出たときは、すぐ質問に行くことができました。その時、先生方が丁寧に教えてくれました。私は授業で配られたプリントや教材はできるだけ全てこなすようにしていました。わからなかった問題を見直すようにもしていました。また授業後に行われる補講にも参加していました。昔から苦手だった国語では点数が取れるようになりました。理科も自信がなかった分野が少なくなりました。中3になって少し成績が下がり志望校に合格できるか不安だったけど、諦めずに勉強し続けた結果、合格することができました。ISM生で良かったと心から思っています。

伊勢高校 普通コ−ス N・Sさん

受験を終えて、私の気持ちは合格できてうれしい気持ちとホッとした気持ちはもちろん、不安な気持ちもあります。3年生の4月の時は順位も上位ではなく、成績もあまりよくありませんでした。特に数学が苦手だったのでISMの個別に通い始めました。ISMに通い始めてから成績が上がったこともあり、7月から本科に移りました。11月まで水泳をしていたこともあり、他の人に比べて勉強量がとても少なかったので12月からはほぼ毎日ISMの自習室を利用しました。受験勉強中に辛かったことは、理科と社会の暗記です。1・2年生のときにしっかり勉強してこなかったので覚えることが多くて辛かったです。もし今、合格できるか難しいと言われている人も、合格したいと思う気持ちを持ち、全力で努力すれば合格することができると思います。ISMの先生方はサポートしてくれると思います。

伊勢高校 普通コ−ス Y・Kさん

私は、受験が終わったとき、やりきったという気持ちでいっぱいでした。そう思えることは、いいことだなと思いました。塾に行き知らない人たちの中で勉強することはとても寂しかったし、嫌になることもあったけれど、受験を終えてみると頑張って塾にいってよかったなと思います。なぜなら、塾に通ったことでしっかり勉強できたと思えたし、勉強をするという習慣をつくることができたからです。これから塾に入り勉強しようか悩んでいる人で、家では勉強がはかどらないという人は、塾に入ることをおすすめします。周りが知らない人ばかりで嫌だという人もいると思うけれど、先生は一人ひとりのことを気にかけて、話しかけてくれます。だから自分の目標に向かって頑張ってみてはどうですか?自分のこれからの目標は、大学受験に向けてコツコツ勉強する!ということもありますが、1番は新しいことにどんどんチャレンジして、高校生活を楽しんでいくことです。

伊勢高校 普通コ−ス K・Sさん

私は3年生の夏休みまでまったく勉強してなかったので成績がイマイチでした。だけど9月に入ったあたりから、勉強をがんばるようになって、塾にも行くようになったので勉強するクセがだんだんつくようになりました。特にISMでは、受験で重要なポイントや間違えやすいところなどを分かりやすく教えてもらえたので、受験の対策がとてもやりやすくなりました。受験で重要になってくる記述の問題も塾で練習させてもらえたおかげでパターンなどを理解することができました。年が明けてからは毎日勉強を続けるのが辛かったけど、1人でする勉強と違って塾での勉強は楽しかったです。高校では、最初のテストで半分以上の順位に入れるようにがんばりたいです。僕は夏休みが終わるくらいまではまったく勉強してなかったけど、9月くらいからがんばるようになって第1志望の高校に合格することができました。だから、今勉強ができなくて悩んでいる人も、今からでもがんばれるのであきらめないでください。

伊勢高校 普通コ−ス Y・Yさん

後悔しないよう、常に前方をみすえて勉強していってください。とても辛くなることや、やめたくなることがあると思いますが、自分の行きたい学校のイメージを頭において頑張ってください。そして、高校へ行くのが全てではありません。だから、自分は何をしたいのか、何を目的としているのかを考えて勉強に取り組んでください。自分の苦手なところを残したまま受験にのぞむと、不安になります。だから、自分が不安を残さないように、堂々と受験を受けるつもりで努力してください。これからは、だれもが悩みますが、悩んでいるのはあなただけではありません。そして、1人で生きているのではありません。いつもあなたのそばには誰かがいます。自分自身が様々な環境に合わせるのではなく、自分の環境を自分で作り出して、勉強に取り組んでください。そして、勉強が全てではありません。だから、周りのことも全て楽しんで勉強してください。集中しない勉強ほど無駄なものはありません。

伊勢高校 普通コ−ス N・Kさん

ぼくは中学生になるときに塾に入らなければ勉強が追いつかないと思い、ISMに入りました。1年生のときには国語と理科が嫌いであまり勉強していませんでした。2年生のときには数学が嫌いになったけど、国語は勉強を少ししたら点数がとれるようになりました。3年生になってからは、国語と理科がまた点数をとれなくなり、嫌いになりました。ぼくはこの3年間で嫌いな教科をおろそかにしてしまい、受験勉強のときにわからないところが多くなり、苦労しました。ぼくのようにわからない教科をおろそかにしてそのまま放っておくと、受験勉強で苦労することになります。勉強のおもしろさをしっかりと分かれば、受験のときにしっかりと復習することができると思うので、来年の受験生はがんばってください。

伊勢高校 普通コ−ス N・Rさん

僕は受験勉強を夏休み後にはじめました。基本的に僕は勉強が好きではありません。そのせいで、夏休みが終わったあともほとんど勉強しませんでした。その結果、三重高校の入試で330点近くの伝説の点数をとってしまいました。正直とても落ち込みました。でも、この失敗で僕は勉強をがんばることができました。前期や私立で受かった人たちからの遊びへの誘いを断るのは辛かったけど、いま思えば勉強しおいてよかったと思います。僕は三重高の真ん中ぐらいで受かりましたが、伊勢高も受かりました。だから三重高の特進がだめでも落ち込まないでください。まだまだいけます!あと、とれる教科をしっかりとれるようにすることも大事だと思います。僕は特に理科と社会をがんばりました。僕はラスト1か月はほとんど社会と理科しか勉強しませんでした。それが今につながっていると信じています。そんな環境をつくってくれたISMに感謝しています。

伊勢高校 普通コ−ス H・Yさん

私は、中学3年生の頃にISMに入りました。入るまでは勉強のリズムが作れず、困っていました。しかし、ISMに入ることで勉強のリズムが作れ、効率よく時間を使うことができました。ISMでは、丁寧にゆっくり教えてもらえたり、わからない所をわかりやすく教えてもらえたので、とても助かりました。受験の前はとても緊張してあせっていたけど、先生の支えもあり、落ち着いて勉強することができました。ISMで学んだことは、今まで悩んでいた勉強のリズムを作ることができたことです。合格発表の日、自分の受験番号があった時は、3年間の努力が報われたと思ってとてもうれしかったです。私はこのようなことから、日々こつこつ勉強することで、第1志望に受かることができると学びました。だから後輩たちにも、自分から進んで勉強に取り組み文武両道を目指してほしいと思います。  

伊勢高校 普通コ−ス K・Jさん

僕は小学5年生からISMに通い始めました。最初は勉強ができませんでした。しかし、中学校に入り勉強をしていくうちにだんだん成績が上がっていきました。受験を終えて思うことは、もっと努力しておけば良かったということです。中1や中2の頃はなかなか受験を意識しませんが、少しだけでいいので毎日勉強を続けていくべきです。毎日勉強を続けていけば、きっと成績が上がっていくと思います。自分なりに何かモチベーションを持って勉強すれば志望校に合格できると思います。また勉強をしていく上で大切なことはわからないことがあれば、先生に質問してしっかり理解することです。僕は先生に質問をしたことがほとんどなく、わからないところをほったらかしにしていました。わからないところをほったらかしているとだんだんその教科が苦手になってきます。苦手を作らず勉強を少しずつ続けていくことが一番大切だと思います。

伊勢高校 普通コ−ス T・Iさん

私は、受験の前日にスマートフォンでゲームを2時間ほどしてしまいました。ゲームをしているときや受験の日は、今まで3年間頑張ってきたから大丈夫だと自分を納得させていました。しかし、受験を終えて日を重ねるにつれて、あのときゲームをしたせいで落ちていたらどうしようという考えが頭をよぎるようになりました。ですが、しっかりと合格していました。このことから、受験では前日にどれだけ勉強をするかよりも1年生2年生のうちにたくさん勉強をすることが大事だと思います。だから、前日に一夜漬けをするなどという馬鹿な考えを捨てて、定期テスト一つ一つを大切にしていくべきだと思います。それがきちんとできれば、志望校に受かる確率はものすごく上がると思います。みんながんばれ。

伊勢高校 普通コ−ス S・Sさん

僕は中学3年生の春に入塾しました。それまでは学校のテストの順位も低く、勉強も全然していませんでした。しかし、ISMに入塾したことによって、多少は勉強するようになりました。そのことによって、学校のテストの順位も上がり、少しずついい成績も残すことができました。受験を終えて、僕はもう少し勉強しておけばよかったと思いました。僕は3年生の夏休みは部活の影響もあり、まったくといっていいほど勉強していませんでした。夏休みが終わったあともスマホのゲームばかりしていて、たいして勉強していませんでした。だからこれから受験をする人は、しっかり勉強してほしいと思います。そして、ISMにはいい先生やかっこいい同級生もいたので、ISMに入ってよかったです。これから受験する人は、自分の夢に向かって日々努力し続け、受験を終えて「やりきった!」と思えるように頑張ってください。

宇治山田高校 普通コ−ス Y・Jさん

僕は2年生、3年生と授業を真面目に聞かず勉強もまともにしてなかったので成績も悪くテストの順位も全然ダメでした。3年生になり学校の先生に行きたい高校を聞かれたとき、宇治山田高校に行きたいと言いました。理由を聞かれたとき僕は、家から近いからと答えました。そのときに先生にもう少し自分の学力のことを考えて選びなさいと言われました。それからも僕は勉強をせずに生活していたら、12月になりそのときにはじめてやばいと思いました。それから1日に1時間は勉強をしていました。僕は1年生、2年生の勉強がほとんどしていなかったので全学年の勉強をしたのでとても面倒でした。内申が30もなかったので当日点をとり合格するようにがんばりました。結果を知るまで落ちると思っていたけど合格していて本当にうれしかったです。これから受験をする人は授業を聞き、勉強をきちんとしてほしいと思います。

宇治山田高校 普通コ−ス Y・Mさん

私は2年生の冬から入塾しました。中学校での成績はそこそこだったので、5教科の勉強にはそんなに困りませんでした。3年になってもあまり困らなかったのは、今まで勉強を毎日コツコツとがんばったからだと思っています。そんな微妙に良い点数、成績だったからこそ1番辛かったのは「高校選び」です。高校受験を意識するようになってからますます沼にはまってしまって、申し込みの最後の最後まで悩みました。学校の先生やISMの先生に相談して、宇治山田高校に決まりました。高校でも毎日コツコツ勉強することを怠らず、部活と勉強と両立したいと思います。もう1つ辛かった事は数学の克服です。小学校の頃から数学が苦手で今更克服するのは難しいと諦めていました。しかしISMに入ってできない所を教えてもらい始めてから点数が急激に上がりました。簡単ではなかったけれど数学の苦手意識が消えて良かったです。高校生になっても勉強をがんばって、より良い高校生活を送りたいです。

宇治山田高校 普通コ−ス N・Aさん

私は3年生からISMに入塾して、その時は「厳しい」と言われショックでした。けれど先生に「がんばったらいけるよ」と言われて、ほぼ毎日自習室に通いました。最初は先生に質問しにいく事が少なかったけど、日を重ねるごとに先生とも打ち解けていって質問しにいく回数が増えていきました。先生は私が理解するまで、真剣にていねいに教えてくれました。そのおかげで似たような問題は自力でとけるようになりました。テストでもだんだんと点数が上がってきて、学校の先生にも「合格するかも」というようなことを言われ、とてもうれしかったです。ISMのおかげだなと思いました。受験勉強は何をしたらいいか分からなかったけど、先生が指導してくれたおかげで、きちんと受験対策ができました。本当にISMで良かったと思います。教えて下さった先生方、お世話になりました。

宇治山田高校 普通コ−ス I・Nさん

私にとって受験で大変だったことは、毎日勉強をしなければいけないということでした。私が本格的に勉強をしようと思ったのは10月あたりでした。それまでは部活などで疲れて学校から帰ってくると勉強をする気にはなれませんでした。ですが、受験は私の気分など関係ありません。そこで、私はいままであまり利用していなかったISMの自習室に通って無理やりに勉強をするようにしました。自習室ではとても効率よく勉強することができました。家で自習していてわからない問題があると放置していましたが、自習室では気軽にわからない問題を先生に教えてもらうことができました。私が受験に合格できたのは毎日少しずつでも勉強を続けてこられたからだと思います。私はこれからも勉強を続けて国立の大学に入れるようにがんばりたいです。

宇治山田高校 普通コ−ス S・Sさん

僕は中学校2年生の後期から約1年間ISMに通いました。それまでの僕の成績が決していい方ではありませんでした。しかし、ISMで勉強を一生懸命取り組むうちにだんだん勉強に対する意欲が大きくなっていき、学校のテストでもいい点数を取れるようになっていきました。辛いこともありました。それは勉強をどれだけがんばっても結果につながらなかったことです。そういう時期が長く続いた時は勉強に対する意欲や興味がなくなってしまうこともありました。そんな時に自分に「大丈夫」と言い聞かせることで受験生活を過ごし切りました。勉強中は「勉強に意味があるんだろうか!?」と思うときもありましたが、合格発表の日に自分の受験番号があった時はこれまでの努力が報われたんだと思い感動しました。僕は一生懸命勉強をがんばれば必ず結果がついてくるという言葉は本当なんだなとその時思いました。これから受験生となるみなさんも、一生懸命勉強に取り組めば必ず結果がついてくると思うので、どんな時でも諦めずにがんばってください。

宇治山田高校 普通コ−ス Y・Tさん

受験を終えて感じたことは、勉強を始める時期が本当に大切です。3年生になってからすぐ2時間とか長時間の勉強はきついです。30分とか10分とか短時間集中する時間を毎日作って習慣をつけることが強みになります。また、自分の好きなことをやるということも大切です。ストレスがたまると本当に勉強の邪魔になります。かといってやりすぎにも注意です。やりたいことと上手く半々にすることが大切です。受験の中で1番辛かったことは、睡眠時間が本当に少なくなって、次の日学校があったりすると結構きついことです。あと、休みの日が休みではなくなります。その部分が本当に受験の嫌なところです。でも、休むことも大切です。眠いとき、つかれたときは1日中休んだり、遊んだりしても大丈夫です!1日くらいで合否は変わりません。友達や塾の先生、学校の先生に相談することも大切です。お互いに協力することが合格の鍵です!がんばれ!

宇治山田高校 普通コ−ス Y・Sさん

私は前期で宇治山田高校に合格しました。私はダンスをやっていたので、受験勉強との両立が難しかったです。でも、なんとか時間を作り頑張りました。私の勉強方法は、とりあえず過去問を何回も解くという方法です。そしてわからない問題はISMで聞き、しっかり教えてもらいました。本番は本当に時間が足りなくなります。だから速く解くこと、わからない問題にずっと時間をかけずにとばすことも大切だと思います。過去問を見て、こういう問題は解く、この問題は捨てる、と自分で決めておくことも良いと思います。時間を見つけて、コツコツしっかり勉強すれば受かると思うので頑張ってください。

宇治山田高校 普通コ−ス T・Rさん

僕は宇治山田合格に向け、まずボーダーラインを聞きました。学校の先生に聞いたら、前期で受かったらラッキーだと言われました。だから、絶対前期で受かってやろうと思いました。しかし、現実はとても厳しいということがテストを受けてみてわかりました。英作文が全然できず、毎日のように教科書についている単語帳から単語を書き、過去にやった英作文を解き直し、ISMの先生に頼み何枚も英作文のプリントを僕のために作っていただきました。前期まで2週間を切った時でも、過去の英作文は半分も取れなかったです。前期で受かることは諦めようかなと思いましたが、ISM内で宇治山田高校を受験する僕の友達から、受かったら本当にすごいと言われて頑張ろうと思いました。自習室ではみんなが志望校合格に向けて、机に向き合って問題を解く姿を見てさらに後押しされました。そして内定通知をいただいたときうれしくてたまりませんでした。最後に、これから受験をする人へ。人生で本気で勉強するのは、本当に数えるほどしかありません。自分の夢実現のため、頑張ってください。

宇治山田高校 普通科コ−ス M・Sさん

私が受験の時に辛かったことは、自分の好きなことができなかったことと、親からのプレッシャーが大きかったことです。好きなことができないのは受験生なら全員同じだろう、と思ってガマンしました。でも、親から「きちんと勉強してるの?」と聞かれたりすると「きちんと勉強してるのに、まるでやってないように思われている」と思いました。でも、そういう事は周りの友達も同じだったので友達とグチを言ったりして、友達に助けられていたなと思います。受験が終わって思ったのは、家族からのプレッシャーも本当は心配していただけなんだなあということです。受験に合格したら、家族みんなが本当に喜んでくれて、友達に助けられていると感じたけど、1番支えてくれていたのは家族だと思いました。今後は、志望している大学へ進学できるように、一生懸命努力して、応援してくれている家族の期待にこたえたいと思います。

宇治山田高校 普通科コ−ス S・Kさん

僕はISMに入るまであまり勉強に対してまじめに取り組んでいませんでした。ですが入塾した当時、ISMの先生方が僕に対して勉強に対してのアドバイスや高校生活について教えてもらい、勉強に対して意識を変えることができました。僕はこのISMに入っていなければ今の自分はないと思います。またISMに入って良かったと思うことは、受験期にISMのさまざまな先生方からサポートをたくさんしてもらったことと高校の進路について親身になって考えてくれたことです。僕はこのような事をISMのさまざまな先生方がしてくださったことにより、高校受験を乗り越えることができたのだと思います。受験を終えて僕が思ったことは毎日勉強することはとても大切なのだということでした。勉強の習慣をつけることはとても大切だと僕は思います。受験生になるみなさん自分の行きたい志望校に行けるように努力してください。頑張ってください。

宇治山田高校 普通科コ−ス N・Mさん

私は中学3年生の夏期講習からISMに入りました。入塾した時は宇治山田高校に合格するだけの実力はありませんでした。特に英語は全然できませんでした。でもISMの先生方は何度も何度も繰り返して教えてくれました。そのおかげで少しずつできるようになっていったと思います。他にも先生方は、受験が近づいてきて不安になっている私に、たくさん声をかけてくれました。だからこそ私は不安を乗り越えることができたと思います。補習などに参加して、努力するほど少しずつだけどできるようになっていきました。私はこの受験を通して、諦めずに努力することが大切だということを学びました。これから受験をするみなさんは、辛いことがたくさんあるかもしれません。でも諦めずに頑張り続けてください。簡単なことではないけど頑張り続ければきっと結果はついてくると思います。最後の最後まで自分が頑張ってきたことを信じて頑張ってください。

松阪高校 普通コ−ス N・Rさん

私は後期で松阪高校に合格しました。私が受験中に辛かったことはテレビをリアルタイムで見られなかったことです。私は、中学2年生まで勉強らしい勉強をしてきませんでした。ですが中2の冬にISMに入って現実を見せられて、やっと勉強をし始めました。私の勉強は見て覚える方法がほとんどでした。計算問題は書き込みましたが、私は書いても覚えられないので、必死に見て覚えました。過去問を解き始めると、すごく悪い点数をとったりして、絶望したりしました。しかし、何回も解き直したり、先生に聞いたりして分かるようになりました。受験が終わり、解放感が素晴らしいです。

鈴鹿高専 機械工学コ−ス H・Kさん

私立の受験が終わってから少し休んで、高専の受験勉強をしました。残り20日くらいしかなかったけど、10年分の過去問を解きました。1週間の余裕が欲しかったので1日3〜5教科ぐらいのペースでしました。やっているとストレスが今まで以上にたまって辛かったです。でも、合格した喜びの方が大きかったので良かったと思っています。これからも頑張っていきます。

鳥羽商船高校 制御情報工学コ−ス N・Sさん

僕は、第一志望の鳥羽商船高等専門学校の制御情報工学科を推薦で受けました。内容は、面接と作文とちょっとしたアンケートでした。作文では800文字以内で書かなくてはいけなくて、国語の文章力が必要でした。面接では、しっかりと話すための言語力、そして聞かれた質問についてすぐに答えられるようにするために、頭の回転の速さが必要になりました。学力試験でなくても、5教科の知識は必要になってくると思います。僕は推薦入試で合格したので、その後からどうしても気がぬけてしまい、前よりも勉強する時間が短くなってしまいました。ですので、前よりも学力を下げないように、これからも勉強を続けていって、高校でも部活と勉強を両立させたいです。

宇治山田商業高校 情報処理科コ−ス O・Rさん

僕は受験で私立が受かり、第一志望の公立高校にも無事合格できました。でも、私立の過去問を解いているときは全然得点をとることができず、とても勉強することが辛かった時期がありました。だけど、冬期講習からISMに入り弱点である英語だけでなく、他の4教科でも学校では学ぶことのない事や、知らない人がいる中で競い合うことなどを経験することができました。勉強でいきづまったり、自分の思っているような結果がでないこともあり、辛いこともこれからあると思うけど、くじけずに頑張っていきたいです。またこれからは自分で目標を立てて、その目標に向かって努力していき、結果が伴わなくても絶対自分の力になっているとポジティブに物事を捉えていけるようにしたいと思いました。最後に受験勉強は辛いと思う人が思うのはしかたないけれど、それでも勉強を最後までやりきってほしい。

宇治山田商業高校 商業科コ−ス N・Tさん

私は、今までおぼえたことが頭の中にしっかり入っていると思い込んでいましたが、全く入っておらず、そのことを3年生の冬休みに入ったISMの冬期講習で気づきました。ISMに入ってよかったと思いました。ISMでは、今までにやったことないくらいの宿題が出て、宿題を終わらせるのがとても大変でした。しかし、復習をたくさんすることができたので、たくさんの宿題をしてよかったと思いました。受験を終えて、もっと復習を1、2年生のときにしておけばよかったと思いました。これから受験をする人が私のようになることがないようにしてほしいと思いました。

宇治山田商業高校 商業コ−ス K・Kさん

私が前期で合格した理由は、勉強と部活動の両立ができたからです。私は陸上競技部で、部活が終わったら疲れて寝てしまっていました。そこで、ISMに入塾したら、夜でも集中して勉強することができ、とてもよかったです。自習室も利用して、自分が行きたい曜日に使うことができて、テスト期間などは本当に助かりました。学校で疲れたときにも、夜の授業があったおかげで、3年間の復習もでき3年生の授業もできて、受験にのぞむことができました。このおかげで、前期で合格することができました。

宇治山田商業高校 国際コ−ス H・Kさん

僕は受験を終えた直後はとても後悔していました。過去問を少し解いただけでいけると思っていました。だけど、思っていた以上に問題が難しく、終わった後はもっと勉強していればよかったという思いで頭がいっぱいでした。僕は受験の数日前に勉強が嫌になってゲームをしてしまったときがありました。そのときの時間がとてももったいなく思っています。でも失った時間はとり戻せないので、この後悔を繰り返さないように次からは強い気持ちをもって勉強に励んでいきたいと思いました。後悔の念がよほど強かったのか、僕は夜寝ることができませんでした。これも自分が勉強をさぼってしまったからだと思います。これからは受験が終わったからといって勉強を怠らず日々努力し真剣に大学受験に臨んでいきたいと思います。

宇治山田商業高校 商業科コ−ス H・Aさん

私が受験勉強を始めたのは、部活動が終わった11月ぐらいでした。周りよりも始めるのが遅く本当に後悔しました。そこで私は、ISMの先生に毎日自習室に来ることをすすめて頂きました。ISMの自習室は本当に静かで、集中できます。勉強中にわからない所があれば、先生に聞きに行けて、すぐに分かりやすく教えてくれます。また、日曜日には、2号館が開いていて朝の10時から6時まで自習することができました。私が合格することができたのは、この自習室があったからだと思います。行きたくない日も、もちろんありました。でも頑張って行くと、なぜかすごく集中して勉強することができました。また、ISMに入っていくと先生が、「お!ようきたな!」いつも笑顔で、話しかけてくれたおかげでもあると思います。本当に辛かった時期もあったし、投げ出したい時もありました。でもまわりの人に支えられて、合格することができました。受験は、周りの人がいることのありがたさを学ぶことができます。だから、ありがとうと思いながら、合格に向けてがんばって下さい。

宇治山田商業高校 商業科コ−ス M・Yさん

私は受験勉強は3年生になってからでいいと思っていました。私には2人姉がいます。その2人の姉に絶対1年生から勉強をしっかりした方がいいと言われました。そう言われて勉強はしたつもりでも今思うと悔いが残っていました。私が伝えたい事は、必ず1年生の頃からこつこつ勉強をすることです。受験の時には、内申が大事になるので頑張ってほしいです。受験が近くなると、どれだけ勉強しても不安しかありませんでした。だけどISMの先生方から心強い言葉をかけてもらい、当日も落ち着いて挑む事ができました。私は中学1年生の冬期講習からISMに入りました。ISMに入って良かったと心から思っています。私は、高校では1年生の頃からしっかりこつこつと勉強をして、目標である大学進学に向けて努力していきたいです。自分の行きたい高校に行けるという事はすごく嬉しい事です。私はISM先生方の支えがあったから合格できたんだと思っています。「夢発見・夢実現」が出来たと思っています。本当にありがとうございました。

宇治山田商業高校 商業コ−ス K・Kさん

自分は、夏休み前まで全く勉強をしてなくて、ただ塾に行って他の日は遊びまくっていました。だから夏期講習では問題が全く解けなくて、AクラスからCクラスの前の方にいってしまいました。私はそれが悔しくて、それから毎日塾に通って勉強するようになりました。その結果、自分が行きたかった高校にも、すべり止めで受けた高校にも合格しました。でも私は今、もっとはやくから勉強しておけば良かったと後悔しています。もし夏休みまでに基礎をきちんとしておけば、もっと自分のレベルを上げられたと思います。だからこれから受験生になる人は、適度に遊んでもいいから、応用問題を解ける基礎を夏休み前までにつけておいた方が良いと思います。そうすれば自分の選択の幅も広がるし、自信もつくと思います。あと、ISMの先生方は理解力がない私に根気強く何度も分からない問題を教えてくれます。だから分からない問題があったら恥ずかしがらず、すぐに聞いた方が良いと思います。このように、ISM生にはたくさんの学べる場があるので、そのチャンスを生かして頑張って欲しいと思います。

相可 食物調理科コース S・Rさん

私が受験を終えて辛かったことは受験までの1年間の生活です。今までは友達と遊びに行ったり、自分の好きなアイドルのライブに行ったりしていたけれど、ライブに行くのを我慢したり、受験まであと2、3ヶ月になった時は、友達と遊ぶのを我慢していました。夏期講習と冬期講習に参加してひたすら勉強する、何時間も勉強するという生活がとても辛かったです。後輩たちへのアドバイスは、相可高校の食物調理科を受験する方は、グループ討議と作文と面接はたくさん練習しておいいたほうがいいと思います。食についての事件や物事、行事などを調べてそれについての作文やグループ討議の練習をしておくといいと思います。面接は常に笑顔で。グループ討議は話している人の目を見たり、一緒のグループになった人たちを敵と思わないようにしたほうがいいと思います。今後の目標は、有名なパティシエになるために、実習、勉強を頑張って資格をとることです。頑張ります!!

松阪商業高校 情報処理コース A・Kさん

私は中学1年生の秋頃にISMに入りました。入ったばっかりの時は、みんなについていけるか、とても不安でした。ですが、周りの友達やISMの先生方にたくさん助けてもらい、なじむことが出来ました。1、2年生の時はあまり成績が伸びませんでした。ですが、3年生になり、受験というものがせまってきていることに気がつきました。その日から、授業以外の日も塾に行って勉強しました。私は、私立にするか県立にするか最後の最後まで、先生と相談をして県立を目標にすることに決めました。不安な気持ちでいっぱいでしたが、本番は自分の持っている力を出すことができ、合格することができました。それも、底辺だった私を最後まで支えてくれた先生方のおかげです。ISMに入って良かったと心の底から思います。本当に今までありがとうございました。

松阪商業高校 情報ビジネスコ−ス I・Nさん

私が松阪商業高等学校に合格できたのはISMのおかげです。休日も塾を利用することができて勉強する環境がとても整っています。先生方は、とても優しく接してくれて集中して勉強することができました。最初は、すごく塾にいきたくない時期もありました。でも、塾のみんなと一緒に勉強することが楽しかったです。夏期講習はとてもきつかったです。

明野高校 福祉科 O・Kさん

私は、面接練習よりも作文練習の方がとても大変でした。学校の先生に何度も修正をされました。でもいざ本番となると、練習したテーマがでたのでとてもラッキーでした。福祉科の作文は、たいてい同じようなテーマなので、出だしを変えたらあとは、練習通り書けば大丈夫です!!だから、中途半端に練習するのではなく、キッチリ完成するまで書いた方がいいですよ。明野高校では、作文開始時間まで廊下に整列をするので、作文の最終確認ができませんでした。だから前日や本番の日に覚えていない人は、覚えましょう。面接では笑顔をたやさず、相手に伝えたいという気持ちがあれば、つまったり止まったりしてもカバーはできます。私は、面接で一番大切である志望動機を、頭が真っ白になり止まってしまいました。だから面接をする皆さんは、練習の雰囲気をイメージし、面接に挑みましょう。

松阪工業高校 自動車コ−ス T・Hさん

高校受験までの時間はとても短く、あっという間に過ぎていきました。最初は面接や作文を練習していれば合格できると思っていましたが、前期選抜で合格を逃して初めて中学校の成績が大きく影響してくるのだと思いました。後期選抜でも、第一希望であった電気工学科に合格できず、結局第二希望であった自動車科に行くことになりました。電気工学科に2度挑戦しても合格できなかったのはとても残念だったし、もっと勉強をがんばり、成績を上げておけば良かったと思いました。でも大学受験や就職の試験はもっと難しいので、これからの高校生活では中学校のときよりも気を引き締めていきたいと思います。後輩のみなさんは、今からでも遅くはないので、勉強を中心にいろんなことに積極的にがんばってください。そして、自分の第一希望の高校に入学し、そこから有意義な高校生活を送ってください。

伊勢工業高校 電気コ−ス S・Kさん

私は、中学1年と2年のときは本当に勉強が苦手でした。勉強ができずテストの点も低く、どう勉強していいのか分からなかったことがとても辛かったです。でもISMに入り変わりました。勉強は嫌いでしたが分からなかったことが分かりうれしかったです。また勉強に対する姿勢も変わりました。今はわからないところがあっても、教えてもらったり何回もやり直すことで解決でき、勉強がスムーズになり楽しくなります。受験は辛いこともあるけど、今がんばればあとは楽だと思って勉強していました。今後の目標は、私は電気科なので、専門学校でたくさんの資格を取っていくことです。そのためにISMで学んだ勉強の仕方や知識を活かすことができればと思います。最後に勉強をコツコツ少しずつしていれば必ず受験で役に立つし、将来の夢へ有利となるので、苦手でも自分なりの勉強方法を見つけ、がんばればいい結果で終われると思います。本当に勉強ができなかった私でも第1志望に行けたのでがんばってください。

伊勢工業高校 建築コ−ス N・Rさん

私は、中学校の2年生後期からISMに通っています。私が辛かったのは、英語や社会の確認テストです。英語では何十個の単語テストで、もしまちがえると、練習プリントをしなければいけませんでした。社会のプリントは歴史や公民、地理などがバラバラに出るので辛かったです。しかしISMは自習室があったので集中して勉強に取り組むことができて良かったです。授業の内容もわかりやすく、わからないところがあれば、すぐに教えてくれます。そして授業を受ける時、とても楽しかったです。受験を終えてからISMに通っていて良かったと心から思います。私の今後の目標は、苦手教科をなくして、色々な資格をとるために日々がんばっていこうと思います。また部活を良い結果を残せるようにがんばっていきたいです。後輩へのアドバイスは、最初は緊張すると思うけど、自分なりの勉強を見つけISMでがんばっていって欲しいと思います。

皇学館高校 特進コース K・Yさん

私は受験勉強を始めるまで、ほとんど勉強はしていませんでした。しかし、夏期講習が終わった頃から「勉強しなければいけないな。」と思い、毎日塾に通いました。私は理科が苦手だったので、夏休みに自分でノートにまとめて苦手な単元を少しずつなくせるようにしました。けれどなかなか結果はついてきませんでした。そのときは辛かったけど、受験で不合格だったときのことを考えると「合格しなければならない。」と強く感じることができました。分からない問題は先生に聞き、自分が理解するまでやっていると、前までは全くできなかった問題が少しずつできるようになり、とても嬉しかったです。私が受験勉強をする中で学んだことは、毎日勉強するということです。中学1・2年の頃にも色々な人から「毎日少しずつでもいいから勉強した方がいいよ。」と言われてきましたが、自分が受験生となって改めて感じることができました。高校では、将来の夢を叶えるため今以上に勉強に励んでいきたいです。ありがとうございました。

皇学館高校 進学コース S・Mさん

私は勉強が得意ではなかったし、塾や学校以外で勉強することがありませんでした。受験生になり、塾以外で勉強するようになってからすごく辛かったことは、友達と遊べないことよりも「落ちたらどうしよう。」という、不安とプレッシャーで押しつぶされそうになったことです。私が中学校生活で一番後悔したのは、一年生の頃から頑張って勉強しなかったことです。だからこれから受験する人は、後悔しないようにしてほしいと思います。受験で私の支えになったのは、一緒に受験に向けてがんばっている仲間と、好きなK−POPアイドルの歌だったので、辛くなったときに頑張ろうと思えるものが何かあるといいと思います。私は高校に行ってからしたいことがあるので、中学校生活でした後悔をしないように勉強をがんばりたいと思います。

皇学館高校 進学コース M・Hさん

僕が受験を終えてわかったのは、当たり前のことですが、毎日の勉強の積み重ねが大事だということです。僕は中学1年生からISMに来ていました。しかし毎週2回の授業と、テスト前にやるテスト勉強だけだったので、定期テストの点が思うように伸びませんでした。何度も何度も、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことがありました。その勉強の仕方を改善しくれたのが、ISMの先生方でした。そのやり方を通していたら、得意な教科の点数を保つことができ、苦手な教科の点数も上げていくことができました。3年生になって部活が終わってから、本格的に受験勉強を始めました。しかし、点数が思うようにとれず、推薦をしてもらえないかもしれませんでした。しかし冬期講習を受けて、授業以外でも勉強を見てくれた先生方のおかげで推薦してもらえることができ、皇学館高校に合格することができました。やるべきことをやれば、いい方向へと結びつくことができるとわかりました。先生方にはとても感謝しています。

皇学館高校 進学コース N・Nさん

受験で辛かったことは、高校を決めるのにすごく迷ったことです。最初は違う高校へ行こうと思っていたので、最終的にどこに行こうか悩んでいる時が一番辛かったです。入試に向けて受験勉強をしているとき、1年生からの要点を1つずつノートにまとめることが大変でした。だから、早め早めに1年生の内容からまとめていったほうがいいと思いました。学校の授業で分からない事があったら、すぐに聞かないとどんどん分からない事が溜まります。だから、早めに聞いて理解する方が良いと思います。中学校でやってきた勉強のやり方を反省して見直し、高校ではいい成績を修められるように頑張っていきたいです。高校でやりたい事があるので、その分勉強のペースが下がらないよう心がけていきたいです。

皇学館高校 進学コース K・Mさん

中学校に入学して部活を始めてから、勉強が難しくなっていきました。私は部活と勉強の両立ができず、2つとも中途半端になっていました。私は勉強が全くできませんでした。そこでお母さんに相談して塾を探してもらい、ISMを知りました。私はISMに入ってからたくさん後悔しました。なかでも今まで勉強をさぼってなにもしていなかった分、周りの人との差ができていて、もう一度1年生をやり直したい気持ちで一杯でした。そこでやっと私の勉強に対する気持ちが変わりました。私だけではどうしていいのか分からずISMの先生に勉強の仕方から教えてもらい、勉強量を増やしていきました。中3になりやっと内申点が30を超え結果が出てきました。そして受験が迫ると毎日のように自習室を利用し、志望校に向かい勉強を頑張りました。私は、志望校に推薦してもらう内申が1つ足らず、中学校の最初の方をさぼって今更頑張っても遅かったと思いましたが、気持ちを入れ替え志望校の受験に向かい頑張ろうと勉強をしました。高校に入ってからこの中学生活を忘れず頑張りたいと思います。

皇學館高校 進学コース T・Mさん

僕は、受験を通して、勉強の大切さを学びました。受験勉強は大変で、ときには心が折れそうなときもあります。そのなかで乗り切ると達成感を感じられます。うまくいかないときのほうが多いと思いますが、そのときはあきらめないでがんばってほしいです。

皇學館高校 普通コ−ス S・Iさん

僕は受験勉強に取り組むことが少し遅かったと思います。もう少しはやくエンジンをかけて勉強をしていたら、自分の実力が十分に発揮できていたと思います。自分はとてもメンタルが弱くて、学校の実力テストで自分の結果が出せなかったとき、すぐにくじけていました。でも、あきらめずに取り組みました。僕はISMでテスト勉強や受験勉強をする習慣がありました。ISMではたくさんの先生たちに支えられて自分を追い込むことができ、しっかりと勉強できました。ISMの授業はわかりやすく、とても楽しかったです。みなさんも、どんな状況になってもあきらめずに、勉強に取り組んでほしいです。ISMで教えていただいたことを大切にして頑張っていきたいです。

三重高校 進学コース T・Tさん

受験では油断しないように注意してください。後期を受ける人は、最後まで結果が分からないので辛いと思いますが、緊張しすぎないようにしてください。もうだめとかもう無理かもと思うと点数が伸びないと思うので、絶対合格するという気持ちを持って最後まで頑張ってください。

三重高校 進学選抜コース H・Aさん

私は1、2年生ではテスト前の勉強を取り組んでいなかったけど、それなりになんとかなっていました。3年生になったら周りのみんながすごくがんばり始めてすごく焦りました。夏休みからISMに入り、勉強をする時間が増えました。今思えば、もっと早くISMに入っていれば焦らずに勉強できたと思います。私が頑張れたのは先生方のおかげです。1、2年生の時はクラブ中心でしたが、高校ではクラブをしながら、勉強もコツコツとやっていこうと思います。これから受験を迎えるみなさん、ISMの先生方を信じて頑張ってください。短い間でしたがありがとうございました。ISMに入って良かったです。

三重高校 普通コ−ス T・Cさん

私は受験を終えてすごく良い経験ができたと感じました。その理由は、この3年生の間が一番勉強に取り組むことができたからです。しかし、良い経験だけでなくすごく辛い思いをしました。好きなことができず、勉強を一番に優先しなければいけないことは、私にとって一番の苦痛でした。受験前にやってよかったことは過去問を解くことです。やはり過去問は、試験の流れなど傾向をつかむには一番だと思います。過去問でわからなかったところは先生に何度も聞きに行きました。そのおかげで無事合格できたのかなと感じています。受験の前日に社会・理科の一問一答をして、間違えた問題を見直すことは本当にやってよかったと思います。一問一答でなくても、間違えたところを見直すことが大事だと思います。これから何かに打ち込みくじけそうになったとしても、この受験を思い出してがんばっていきたいです。

伊勢学園高校 看護医療コース Y・Rさん

受験を終えて私はとてもほっとしています。合否発表の時は落ちてしまうのではないかととてもどきどきしたからです。私にとって辛かったことは、毎日のように受験校の過去問を解き、面接の練習をしたことです。受験校は数学が難しくてとても苦労したし、面接の練習では緊張して頭が真っ白になったからです。私からのアドバイスは、1年生からきちんと勉強をしてテストなどを解き直しするということと、受験校が決まった時は、受験校のことをきちんと調べることだと思います。あと、面接の練習はきちんと文章を考えておくことだと思います。私は、伊勢学園高校の看護科に入りました。将来は人の役にたち、誰からも信頼される看護師になりたいです。中学生のときよりも勉強に励み、将来に向けてがんばっていこうと思います。伊勢学園高校の看護科は、基礎から始め実習も行えるので、将来の目標に向けてがんばっていこうと思います。

伊勢学園高校 選択コース H・Nさん

私は、中学1年生のときにISMに入りました。入ったばかりのときは、学校で習ったことがまったく分かりませんでした。中学1年生からISMに入り、分からなかったところが分かるようになったので、ISMに入ってよかったと思いました。ここでは分からないことを分かるまで教えてくれます。在校生の皆さんは分からない問題があったら、分かるまで聞きましょう。また、辛いことがあっても先生が吹き飛ばしてくれるので、ISMは居心地がいいです。ISMの先生は気軽に話せるので、不安なとき相談しやすいです。3年生からは個別に移りました。たくさんの先生がいて、気軽にわからないところを聞けるので、本当にISMに来てよかったと思います。個別は1対1、1対2なので詳しく教えてくれます。定期テストや高校入試にも力がつくので、私は絶対ISMがいいと思います。不安なことはたくさんありましたが、ここまで来られたのは先生のおかげだと思います。

 

2018年度 大学合格体験記

 

 

伊勢高校 I.Rくん

合格大学名

・東京大学 文科V類学部

・早稲田大学 文化構想学部

 

ISMのライヴ授業の数学では、解法に至るまでの頭の使い方も丁寧に解説してもらうことで、苦手だった数学が好きになり、また力をつけることができました。ISMの先生は気さくな方ばかりで、悩みを打ち明けることができ的確なアドバイスを頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 また、河合塾マナビスを活用することで、ハイレベルな講座を自分のペースで進めることができ、地方公立高校のハンデを軽減できました。主に、過去問研究講座や予想問題講座は、添削システムや解説授業を筆頭にとても役立つものが多かったです。僕は、高3生の5月まで部活をやっていたのですが、ISMに来ることで、きっちり時間を決めたメリハリのある学習ができたと思います。

伊勢高校 Y.Hさん

合格大学名

・名古屋大学 理学部

・明治大学 農学部

・関西学院大学 理工学部

・立命館大学 生命科学部

 

私は、高2生の3月に入会しました。平日の部活後は毎日河合塾マナビスを受講するようにし、おかげで、勉強の習慣が身に付けることができました。推薦入試の受験も考えていたので、学校の定期テストで良い点をとり、成績を維持する必要がありましたが、河合塾マナビスは自分で受講予定を決められるので、定期テストの日も考慮しながら受講することができてよかったです。マナビスでは、アドバイザーの先生が受験までの計画を立ててくれます。計画的に受講していくことで、無理なく受験の準備ができました。また、入試直前には、マナビスの大学別対策講座を受講しました。しっかりと添削をしてもらい、二次対策も不備なく行うことができました。

伊勢高校 T.Sくん

合格大学名

・神戸大学 経営学部

・同志社大学 経済学部

・同志社大学 政策学部

・関西学院大学 商学部

・関西学院大学 経済学部

 

ISMでは小学4年生から約8年間お世話になりました。その期間で感じたのは先生と生徒の距離感が近いことです。それ故に、様々な場面で多くの助言をいただき、行き詰った際に最高の相談役となってもらいました。ISMの先生のアドバイスを参考にしながら勉強を進めることが自分自身の実なるレベルアップにつながったのだと思います。国立大学を受けるに際して、自力で対策しきれない分野を効果的に補填するような感覚でマナビスの講座を受講しました。講座ごとに実施されるチェックテストや講座終了時の習熟度テストをきちんとしていくことで、実力をつけることができました。また、マナビスは、自分のやりたい勉強に差支えがないように、アドバイザーの方々と相談して受講ペースを保つことができるので、非常に助かりました。

松阪高校 Y.Rくん

合格大学名

・広島大学 工学部

・立命館大学 理工学部

・近畿大学 理工学部

 

私は、高1生から河合塾マナビスに通塾し始めました。マナビスでは、学校の授業でわからない所も確認することができました。そして、何より自分のペースで受験対策ができたということが大きかったと実感しています。工夫した点は、理系科目(特に理科)に関しては、徹底的にやり込みました。1回目は片っ端からノートを取り、2回目は内容把握、3回目はセンター直前に受講しました。センター試験完全攻略講座では、ゴロ合わせで簡単な覚え方を知る事ができました。おすすめ講座です!また、マナビスの予習・復習は、自習室を活用しました。長時間学習することで習慣化し、その甲斐あって内容を確実に理解できました。

三重高校 K.Wさん

合格大学名

・信州大学 医学部 保健学科

・鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部

 

高校までの通学が遠かった私にとって、自分のペースに合わせて受講ができる所が河合塾マナビスの良い点の一つです。『総合生物』講座では、様々な色を使って板書をしてくれたので、どのような流れで成り立っているのか理解を深めていくことができ、効率の良い学習法が見つけられました。また、『センター試験対策古文』講座では、重要な部分を丁寧に訳すことと内容把握をすることの根本的な事項をしっかりと学べた講座でした。私は、文章を読むことが苦手だったので、そこが習得につながったのは効果的でした。河合塾マナビス伊勢市駅前校は、自習室の設備も良く、集中できる環境だったので、受講をしない日は自習室を活用しました。おかげでメリハリのある学習を継続的にできました。

宇治山田高校 N.Rくん

合格大学名

・大阪府立大学 生命環境学域

・立命館大学 生命科学部

・近畿大学 生物理工学部

 

ISMのライヴ授業はわかりやすく、考え方や、どういった理由でそう考えるかなどの道筋を細かいところまで理解することができました。もしわからない所があれば、授業外でも指導して頂けるので自分のペースで勉強することができ、とても良い環境だったと思いました。マナビスは、講座とテキストにポイントがうまくまとめられているので、とても活用できました。また、質問に対しては、理科の考察問題にアドバイザーが対応してくれたので支えになりました。マナビスを受講する中で工夫したことは、解説と考え方が一致するまで解き、反復学習を繰り返しました。そうすることで、一つひとつ理解ができました。

伊勢高校 O.Mさん

合格大学名

・名古屋市立大学 経済学部

・立命館大学 経営学部

・南山大学 経営学部

 

ISMでは、先生方がいつも相談に乗ってくださったり、話を聞いてくださったりするので勉強のモチベーションをいつも保つことができ、辛い時期を乗り越えることができました。受験勉強を通して積み重ねが本当に大事だと実感しました。コツコツと続ければ必ず結果はついてきます!一年間大変ですが頑張って良かったなと思いました。日本史が苦手でしたが、河合塾マナビスの『センター日本史』講座を受講することで、要点を確実におさえることができました。講座毎にあるチェックテストで各単元の確認を怠らずにしました。効果的な学習をしていくために、復習を重視したことで学んだことが定着しました。マナビスの大学別対策講座は添削がついていたおかげで、自分の答案を客観的にみることもでき、とても役に立ちました。また、わからないことがあれば質問できるので、そのような環境の下で、学習できたことが支えになりました。

伊勢高校 M.Sさん

合格大学名

・名古屋市立大学 看護学部

・立命館大学 経営学部

・立命館大学 経済学部

 

不安になっている時にISMの先生方がいつでも親身に相談に乗ってくれて励ましてくださったり、アドバイスをくれたことがとても力になりました。私は家では集中できなかったので、ISMの自習室を活用することでとても集中して勉強できました。ISMに来て友達と話をすることで、刺激を受けてやる気につなげることもできました。河合塾マナビスの講座は、私の意識に残るような内容でしたので、問題を解いている時に思い出すことができました。部活が終わってから受講しに行くのが大変な時もありましたが、予定を立てて受講して毎月の受講数を達成していくのはとてもやりがいを感じ、励みになりました。マナビスで書いたノートは復習の時にとても活用できたので積極的にノートをとっていくのが良いと思います。

伊勢高校 Y.Aさん

合格大学名

・三重大学 生物資源学部

・立命館大学 生命科学部

・近畿大学 農学部

 

部活の後など、家に帰ったら疲れて勉強したくなくなるので、ISMの自習室を活用して、宿題をしたり、マナビスを受講したりしてだらけないように学習していました。ISMのライヴ授業は内容が濃いので、授業を受けただけでは完全に身につけることができません。授業の復習は、毎回きちんとした方がいいと思います。私の場合、授業の後少し残って先生にわからないところを聞いてその日のうちに解決できたのが良かったです。私は部活をしながら、自分のペースに合わせて受講ができるマナビスに魅力を感じ、ライヴ授業と併習していました。受講ペースをアドバイザーが立ててくれるので、部活と並行して受験勉強を頑張ることができました。また、テキストもわかりやすく要点がまとめられていたので、効率よく勉強を進められました。マナビスを受講する際、心掛けたことは予習をして受講に臨むことです。マナビスの講座は、基礎から発展的な講座が揃っています。志望校に応じて対策ができるので、すごく良かったです。

伊勢高校 S.Kくん

合格大学名

・三重大学 生物資源学部

・北里大学 獣医学部

 

ISMでは、周囲の人も皆が目標に向かって頑張っているので、自分もやらなければという気持ちになり、早期に学習のリズムをつけることができたと思います。ライヴ授業は、堅苦しくガツガツとした雰囲気ではなく、先生方も明るく、質問しやすい環境でした。また、マナビスでは、再受講ができるので理解がいくまで徹底的に学習しました。化学の正答率が上がっていくことで自信を持って受験に臨めました。習得度テストでは、自分の弱点が明確になり、弱点に焦点をあてる事ができました。限られた時間を有効的に使って、うまくペースをコントロールできました。

伊勢高校 K.Yさん

合格大学名

・三重大学 教育学部

・中京大学 心理学部

 

ISMに通って良かったことは、先生方がとても話しやすい雰囲気だったことです。先生に話しかけやすかったので、質問なども気軽にできました。私が後輩にできるアドバイスは、時間を無駄にしないでほしいということです。受験は本当に時間が無いので「今できることは先延ばしにせず今する」という意識をもって頑張ってほしいと思います。河合塾マナビスは、受講する時間を自分のペースで決めることができたので、部活と習い事をやっていた私にとって安心して受講を進められました。授業の内容もわかりやすいものが多く、的確にポイントがまとめられていたので時間を有効に使うことができました。マナビスには復習がとても大切です。受講した内容をすぐに復習することがマナビスでの学習を効果的にする方法だと感じました。センター試験と二次試験の対策をおろそかにしなかったことが合格に結びつきました。

三重高校 S.Sさん

合格大学名

・三重大学 教育学部

 

河合塾マナビスの講座を継続的に受講することで、学習習慣が身につきました。マナビスで、センター試験と国公立二次試験の準備を科目の偏りなく準備しました。講座はわかりやすく要点をついた説明をしてくれます。受講直後は内容を覚えているので慢心しがちですが、復習することが大切です。コツコツ学習を積み重ねていくことで、定着していきます。また、周りの人も一生懸命やっているので自分のモチベーションアップになりました。そのような環境がプラスとなり、集中力を切らすことなく勉強にのめり込めました。

伊勢高校 M.Sくん

合格大学名

・三重大学 人文学部

・中央大学 経済学部

・名古屋外国語大学 外国語学部

 

私は、自宅で勉強していてもなかなか集中できなかったので、放課後はいつも自習室で勉強したり、マナビスを受講したりしていました。周りの人が頑張って勉強しているのを見ると自分も頑張ろうと思えるし、いつでも先生に質問ができるいい環境が整っているのでISMに通っていてよかったと思いました。河合塾マナビスでは、自分に合った受講計画を立てられることで、効率良く学習が進めていくことができました。部活をしていたので、受講のペースをアドバイザーと相談をして予定を立てました。毎月の推奨単位数を組んで下さるので、忙しい時期でも受講ペースを保つことができ、コツコツと受講ができて着実に成績を伸びていきました。苦手な科目や難しい所は、再受講や質問をして解決していきました。わからないままにしないことが大切な要素だと思います。

宇治山田高校 Y.Fくん

合格大学名

・三重大学 人文学部

・南山大学 経済学部

・中京大学 経済学部

 

授業でわからないことがあっても、授業の後で先生に質問すれば教えてくれるのが良かったです。また自分の苦手な分野を伝えたら、その分野の問題を追加で出してくれたり、進路についても自分の相談に真剣に答えてくれて、進路決定の参考に非常に役に立ちました。またマナビスのアドバイザーの先生は、受講ペースを設定してくださり、学習計画を一緒に立てていただいたので非常に助かりました。また、河合塾マナビスの講座は、再受講ができるので、内容によっては積極的に再受講をして確認をしました。どの教科も予習と復習が大切です。特に復習においては、学習した事と模試の復習を必ず実行するように心掛けました。

宇治山田高校 K.Sくん

合格大学名

・三重大学 人文学部

・近畿大学 経済学部

・龍谷大学 経済学部

・名城大学 経済学部

 

私は、マナビスで受験対策をしました。部活をやっていたので、自分のペースで学習をすすめていけることに魅力を感じました。志望校は、早期に決まっていたので、いかに効率よく準備をしていけるかがカギでした。受講のペースをアドバイザーが管理してくれるので、部活をやりながらでも遅れを取らず受験対策をしていくことができました。マナビスの講座は、理論的に解説してくれるので、何が重要で入試の頻出傾向もわかり役に立ちました。また、同じ部活生と一緒にマナビスに通うことで、ほど良い刺激を得られたこともプラスになったと実感しています。

宇治山田高校 I.Tくん

合格大学名

・高知大学 農林海洋学部

・岡山理科大学 生物地球学部

・福山大学 生命工学部

 

私は、高2生の夏から河合塾マナビスに通い始めました。最初の方は、基本事項をやり込むことで抜けていることを確認しました。その結果、今まで苦手としていた応用問題に取り組むことができました。さらにわからない所をすぐにアドバイザーに質問ができる環境が整っていて、とても良いと思いました。また、マナビスの受講に加えて特に予復習に力を入れました。センター試験直前には、センター完全攻略を受講し、センター試験に万全の状態で臨むことが出来て良かったです。

伊勢高校 T.Nさん

合格大学名

・三重県立看護大学 看護学部

 

私は、高1生の4月に河合塾マナビスに入会しました。勉強と部活と両立したかったので、自分のペースで学習を進めていくことができるマナビスの映像授業を受講しました。家が遠方であったことから、塾の閉館時間まで学習ができなかったので、どの時間帯に学習するのかを計画をたてて、それに沿って実行してきました。マナビスを受講していくことで、常日頃心掛けていたことは、予習と復習です。センター試験対策現代文では、細かいところまで解説をしてもらえたのでわかりやすかったです。先生方のアドバイスのおかげで成績もキープでき、第一志望に合格できたことが最高にうれしいです。

小中学生:

TEL 0596-21-2828(平日・土 13:00〜22:00)

ISM1号館 〒516-0074 三重県伊勢市本町7-3 ISMビル

高校生:

河合塾マナビス:

TEL 0596-20-5333

TEL 0596-63-6622

(平日 16:00〜22:00 土 13:00〜22:00)

ISM2号館 〒516-0074 三重県伊勢市本町7-5

小俣校:

TEL 0596-72-8787(平日・土 16:00〜22:00)

〒519-0503 伊勢市小俣町元町695